*

一つの情報をさまざまな感覚で脳を刺激する

中井隆栄 1dayセミナー

アファメーション(肯定的な自己暗示)を行ううえで言葉は非常に重要です。言葉にはシグナルとして相手に情報を伝えるという役割があります。
しかし、言葉の役割はそれだけではありません。
私たちは声には出さないけれど、心の中であれやこれやと考えているときに言葉を使っています。
これを難しい言葉でいうと「内的言語」と言います。

 

一つの情報をさまざまな感覚で脳を刺激する

アファメーションやポジティブ・シンキングも、やはり言葉から生まれてくるわけです。
ただ考えるだけでなく、「こうなりたい」「ああなりたい」と夢や願望をはっきりと言葉にすることの重要性には、言葉の持つ力が作用しているのです。

夢や願望を実現しようとするときに、ただ心の中で思っているだけより、紙に書き出して毎日見たり(視覚)、何度も口に出したり(体感覚)、耳から聞いたり(聴覚)する方が実現するスピードは上がります。
脳の中では、その情報に関する刺激が例えば1だとすると、また別の刺激も1のままです。

しかし、例えば目から入ってくる情報、耳から入ってくる情報、両方が重なると、これは1+1が単純な2ではなくて、3にも4にも、10にも100にも・・・とどんどん増えていきます。
このような効果を「相乗効果」と言います。
“幸せ脳”を作るためには、毎日、同じ刺激をいろいろな感覚を通じて取り入れる習慣を持ちましょう。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

“一生懸命じゃなくて、本気になろう”

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

快楽と痛みの原則

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

「そのとき、私は燃えていた」

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

成功できると思う人は3%しかいない?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

70年前の教訓

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
自分らしさと仕事ができるを合体させる

「仕事が思うようにできない」「もっとできる人間になりたい」と思った

人間は不安があるから新しいものを生み出せる

新しい仕事に就いた時、または、始める時、誰でも不安を感じるのは当た

ゴミ出しは子供の仕事?!

親は自分が育った子供時代を基準にわが子を育てようとする傾向がありま

お金のトラウマ・チェック

あなたのお金に対する価値観は、あなたが3歳〜6歳だった頃のあなたの

共感脳を育てるには・・??

他人の成功や幸せな出来事に対して無意識に“否定的な意見”を言ってし

PAGE TOP ↑