*

男女間で求めるビジネス書が違う?

FN023_L

中井隆栄 1dayセミナー

あなたは次の本のうち、どれを読みたいと思いますか?

<A>
「嫌われる勇気」
「心配事の9割は起こらない」
「一流の男の勝てる服 二流の男の負ける服」
「覚悟の磨き方」

<B>
「外資系コンサルの資料作成術」
「問題解決」
「ビジネス・フレームワーク」

さあ、どちらのグループの本に惹かれますか?

 

男女間で求めるビジネス書が違う?

雑誌PRESIDENTによるとグループAの本は比較的男性が好みグループBの本は、女性が好むビジネス書だそうですよ。
ご自分の性別と合っておりましたか?
男女で選ぶタイトルに差があるなんて面白いですよね。

それによると、男性が購入するビジネス書のタイトルには「嫌われる」「孤独」「心配」「一流、二流」「覚悟」などの言葉が入るそうです。
一方で、女性が選ぶビジネス書のタイトルは「~作戦術」「~解決」といった前向きで実用的な内容をイメージする言葉が多いそうです。
男性は割と自分のペースを守り他人より一歩秀でようとする特徴があり自分のやっていることを確かめて安心したい、そんな心境が現われているそうです。

反対に女性は、群れて行動することが多く孤独や心配といった言葉を嫌います。
男性よりも和を尊重し、競うよりはより現実的、実用的なものを求めているようです。
もしかしたらこれは脳梁(のうりょう)の太さにも関連するところがあるかもしれません。
脳梁とは、右脳と左脳を繋ぐバイオパス。
デスクトップのパソコンで言えば本体とディスプレーをつなぐケーブルの役割を果たしています。
女性は男性よりも脳梁の大きさが太いという特徴を持っています。
その結果、男性は一つのことに時間をかけて集中することが得意です。
また一人で作業することも得意なのです。

反対に女性は脳梁が男性より太い分伝達できる情報量が多いために物事を大きく捉えることができます。
そのため、協調性が伴われるような作業が得意であるといわれているのです。
その時代が求める男性像、女性像によっても影響を受けると思いますが今の時代は、男性は、「安心」を確認したい、女性は、「実用性」を重視したいといった特徴があるようです。

あなたのビジネスは、その時代に社会が男女に求めているものや男女自身が社会に求めているものを把握していますか?

それでは今日も、充実した1日をお過ごしください。

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

経営判断のスピードアップに脳トレが有効!

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

コミュニティの上手な運用方法・・その1

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

人は「1000円」より「980円」を好む

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

心理的抵抗を覚えるのはどうして?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

嫌いな候補者を好きになる方法

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
寝ている間に問題を解決する?

問題、トラブル、クレームと明日、お客様のところに翌朝イチバンで謝罪

圧倒的な共感ストーリーであなた自身が広告塔に!

接客業で、特に体に触れる仕事の場合、お客様はお店というより、直接体

はっきりとした目標や願望を持っていますか?

あなたは今「はっきりとした願望や目標」を持っていますか? 成功哲

迷いや心がザワついたら!

人生とは迷いがつきものです。 常に選択の連続ですね。 今日のラン

お金のトラウマを解消するには・・

ビジネスがうまくいかない人の中には、お金を受け取るのが苦手という人

PAGE TOP ↑