*

「学問のすすめ」を現代解釈する

中井隆栄 1dayセミナー

福澤諭吉著の『学問のすすめ』読んだことありますか?
『学問のすすめ』を記した福澤諭吉と吉田松陰は日本の幕末から明治にかけて近代日本を創った啓蒙思想家・教育者として知られていますが、この二人は、正反対の思想を展開しています。
吉田松陰の「松下村塾」では、将来、幕府を率いる人達のみを教育し一般の人々は教育を受けられませんでした。
それに対し、福沢諭吉の「慶応義塾」は、日本の将来を良くする為に学びたいという志しや能力の高い人達が身分年齢を問わず、誰でも学べる場所として設けられたのです。
それでは早速、『幸せな成功者』育成塾ポッドキャストをお聞きください!
http://itunes.apple.com/jp/podcast/xingsena-cheng-gong-zhe-yu/id511213513

 

「学問のすすめ」を現代解釈する

福澤諭吉が唱えた「学問」というのは学校の勉強を指しているのではないということをご存知ですか?
彼が指す学問は「実学」と呼ばれ理論よりも実用に重きを置く学問です。
つまり、ビジネスを通して世の為、人の為に役に立つ方法を学ばなくてはならないと言っているのです。

学校で習った事が、仕事に活かされていないというのは誰でも経験したことがあるでしょう。
実生活に役立たせることを目的とした実学を学ぶ必要性それが書かれているのが、「学問のすすめ」なのです。
この続きは、『幸せな成功者』育成塾ポッドキャストでお聞きください!
http://itunes.apple.com/jp/podcast/xingsena-cheng-gong-zhe-yu/id511213513

原文は文語体で読みにくいので、お勧めは斎藤孝先生翻訳の現代語訳版です。
現代語訳 「学問のすすめ」 (ちくま新書)福澤諭吉(著) 斎藤孝(翻訳)
ぜひお読みくださいね。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

ネイティブ発音をマスター可能は…○才まで

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

シャッター商店街を活性化する方法

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

相手の利になる情報提供で関係構築

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

食べてみたい!一流フレンチシェフが作る病院食

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

士業の営業活動方法とは?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
豊かな自分になることを恐れるな

人に優しくお人好しでも、ビジネスでは切り替えられる、という人もいま

仕事の種類を分類して行う習慣

あなたは毎日、忙しく仕事をされているのではないでしょうか? 無意識

マーケティングと脳科学の関係

現代では日進月歩で脳科学の研究が進み、まだまだ完全とは言えないもの

2つのリフレーミング・クエッション

第355回目のポッドキャストは、品川のセミナールームから、トラウマ

成功者はテーブルマナーを見ている

ビジネスにおいて成功したいなら、「人脈」は不可欠な要素の1つです。

PAGE TOP ↑