*

私は「W・ディズニーの約束」をこう見た

FN023_L

中井隆栄 1dayセミナー

先日、「ウォルト・ディズニーの約束」を見ました。

私は、大のディズニー・ファン。いや、正確には経営者ウォルト・ディズニーの大ファンです。
経営コンサルタントとしてビジネスモデルを作るときに必ず、「ディズニー・モデルが応用できないか?」と、自問するようにしているほどです。

 

今回のこの映画は、ディズニーの映画「メリー・ポピンズ」の製作秘話に基づいた原作者P・L・トラバーズと、ウォルト・ディズニーとスタッフ達との葛藤と友情を描いた「ちょっと地味目」の感動的なストーリーです。

・・・というのも子供さんが見てもたぶん、よく分からない、大人向きの映画です。
自社の大ヒット映画の製作秘話を映画にして自社製作で売り出すなんて、ディズニーらしい、なんて、素晴らしいビジネスモデルなんでしょうか(笑)
ディズニー・ファンではなく、ウォルト・ファンである私にはたまらないコンセプトです。

私は「W・ディズニーの約束」をこう見た

「アナと雪の女王」が「風立ちぬ」を押さえて2013年の日本№1興業作品だったそうですが、ロイ・ディズニー・Jr.(ウォルトの兄の息子)がCEOに復帰して以来、ヒット作を出し続けています。

 

この映画のコンセプトは、まさにウォルトのDNAをロイ・ディズニー・Jr.が受け継ぎながら愛とリスペクトを持ってつくっていることが伝わってきました。

トム・ハンクス演じるウォルトは本当に本物そっくりでこの演技も見ものです。
一番心に響いたセリフは、ウォルトがトラバースを説得する場面の「私たちストーリーテラーは、人々を癒す物語をつくるべきだ」というウォルトのミッションとも言うべき言葉でした。

ラストに本物のトラバースが製作スタッフに対して事細かに指示を出している様子が録音されたテープが再生されるシーンがあります。
このテープからトラバースの本気の気合が伝わってきて涙が止まりませんでした。

ウォルトは、全ての会義をテープに録音して記録として後のディズニー社のために残していたんですね。
今でも、湿度管理がついた専用のテープ倉庫に数万本に及ぶテープが眠っています。

 

また、映画では「リハーサル・ルーム」1部屋が舞台でしたが、実際は、ディズニー社の会義は、「夢想家」・「現実主義者」・「批評家」という3チームが、順番にそれぞれ別々の部屋で会議を重ねて、プレゼンですべてクリアしないと製作にかからないという厳しいシステムを取っています。
ウォルトが考えたこのマネジメント・システムのおかげで、ウォルトが亡くなって48年が経ってもウォルトのDNAが引き継がれ毎年、大ヒット映画が生まれるんですね。

素晴らしい、ビジネスモデルだけでなく素晴らしい、マネジメント・システムがあるからいつの時代にもディズニー社が繁栄するわけです。
経営者として見習うべき点の多い映画でした。

 

THANK YOU WALT!

 

では午後からも頑張っていきましょう!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

謝れる人のほうが評価が上がる

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

100—1=0になる

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

相手の潜在意識はコントロールできる

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

潜在意識に潜む本当の理由の見つけ方

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

精神的安定と物質的豊富さ

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
経営コンサルタントの神様・船井幸雄先生からもらったアドバイスとは?

  第397回目のポッドキャストは、品川のオフィスから

心身を磨くプレゼン道とは・・

  「1を聞いて、10を知る」「察するコミュニケーショ

習慣は変えられない?

  人間の記憶は、脳の神経細胞(ニューロン)がネットワ

偏差値の高さと頭の良さ関係ある?

「あいつは偏差値が高い」などとよく言いますが、果たして、それは顔が

時間もお金もエネルギー

  約束に必ず5分遅刻する人、あなたの周りにもいません

PAGE TOP ↑