*

整理整頓の極意は、使えるものは捨てる

中井隆栄 1dayセミナー

大掃除などで、部屋をスッキリ片付けられるタイプとそうでないタイプの方がいます。

私は割と物を思い切って捨てられるタイプで、掃除をすれば大抵は室内がスッキリします。

 

整理整頓の極意は、使えるものは捨てる

 

部屋の整理整頓の極意は、「使えるものは捨てる」だと思います。

確かに「使えるもの」は、捨てずにとっておくのが一般的な感覚でしょう。

しかし、「使うもの」と「使えるもの」とでは、大きな違いがあると思います。

「いつか使えるかも」という感情を押し殺して、「使うもの」あるいは「必要なもの」だけを残す戦略が必要になってくるのです。

「いつか使えるだろう」という「もったいない」という感情は脳のどこから生まれるのでしょうか。

それは、同情回路にあります。

同情回路とは、痛みを受けている人を観察しているときに活動する神経システムとして見つかってきた回路です。

前帯状皮質などがこれに当たります。

ドアに指を挟んだりしたシーンを見ると、背筋がゾクゾクとしますが、

この時に同情ニューロン(神経細胞)が活動し、他人の痛みをあたかも自分のことのように追体験しているのです。

同情する相手は、人や動物である必要はなく、こうした物に向けられた同情こそが、「もったいない」の源になっていると考えられます。

「もったいない」とは、“物”を擬人化し、その“痛み”を脳に投影する精神活動なのでしょう。

上手に整理整頓をしたい方は、もったいの精神は捨て、「使うもの」「必要なもの」だけを残すように努力してみましょう。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

謹賀新年2021

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

記憶の方法を変えよう

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

今日あったことをお風呂で聞いてあげよう

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

独自の強み発見、活用の7ステップ(2)

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

正しい答えを探してはいけない

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
教えて中井先生
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
成果の差は、能力よりも〇〇○の差が大きく左右する!

あなたは、今買い物にきています。 予算内で気に入ったものがみつかり

目標達成を避けようとする人の特徴

あなたは、目標を決めるとすぐに達成できるタイプですか? それとも、

本を読んだ方がいい理由を知っていますか?

誰でも、本を読みなさい!と言われた経験ありますよね。 あなたは、

忙しい時こそ、しっかり〇〇をとる方が良い理由

もっと、時間が欲しい! なんで1日は24時間しかないんだ! そう思

営業マンにおすすめ、取引先で失礼にならないメモ取り術

あなたは、メモを取る派ですか? それともメモを取らない派ですか?

PAGE TOP ↑