*

コミュニケーションは傾聴力から磨く

中井隆栄 1dayセミナー

人と会話をしている時、話のネタがなくて困ったり話が広がらなくて困ったりすることはありませんか?
コミュニケーションが苦手な人ほど話の間が空いてしまうと、どうすれば良いのか焦り、会話をもっと円滑に進めたいと思いますよね。
いつでもどこでも誰とでも話せるようにと小ネタを集めている人もいますが、コミュニケーション能力を高めるには小ネタで積極的に話題提供をするよりももっと簡単で、かつ有効な方法があります。
それは、「傾聴力」を磨くことです。

 

コミュニケーションは傾聴力から磨く

コミュニケーションが得意な人は相手の話を聴く「傾聴力」にとても優れています。
傾聴力というのは、ただ何も言わずに相手の話を聴くことだと思われがちですがそうではなく、相手の話を受け止めながら聴くことです。

簡単なようですが、うまくできないものです。
例えば、こんな会話、普段からしていますか?
話し手 「今朝、出勤するときの電車が満員だったよ」
聞き手 「今朝、出勤するときの電車が満員だったんですね?」

「なぜ、電車通勤したんですか?」
「タクシーで出勤した方が快適ですよね?」
と返してしまうことがあるかもしれません。

聞き手がこのように返すと、話し手が話したい内容から、ずれていきます。
傾聴とは、聞き手が聞きたい内容を質問するのではなく相手に最大の注意を払い、相手の話に耳を傾けその意図を受け止める姿勢で聴くことなのです。

コミュニケーションが苦手な人は、まず傾聴力から磨いてみましょう。
本日もお読みいただき、ありがとうございました。参考になれば幸いです!

現在オススメのセミナー

中井隆栄 1dayセミナー

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

関連記事

言葉より伝わりやすい“表情と心情”

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

何を変えずに守るか見極めが大事

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

セレンディピティが起きるとき

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

人に説明することで記憶が・・・

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

自分を痛めつけることが進化の秘訣?

中井 隆栄 中井 隆栄

記事を読む

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
迷った時には「クリアリング」と「消去動作」

心に雑念が湧いた時に、いったん、気持ちを真っ白にして気持ちをしきり

直感の情報処理のスピードは・・・

成功した人は、意外にも自分の仕事を直感で見つけた人が多いといいます

ゆっくり食事をすると満腹感が増える?

私たちは「お腹が空いた」という言葉をよく使います。 血液中のグルコ

好きは安心、嫌いは不安を生む

人が感じる「好き」と「嫌い」は、「不安」を感じたり、「安心」したり

利き手が脳に与える影響

ある科学者の調査によれば、2歳から4歳までの幼児の4割弱が右利きで

PAGE TOP ↑